GeForce8600GTSと、RADEON HD 2600XT

グラフィックボードの2強といえば、言わずもがなのnVIDIAとATIです。実際に使われているグラフィックアダプタで一番多いのがINTELの内蔵チップなのは言うまでもありませんが、こと3Dゲームや、ハイパフォーマンス、マルチ画面出力などを求めると、内蔵グラフィックではどうにもならないので、外部グラフィックボードを後付けするなどの対応が必要となりますね。
一時期はゲームといえばnVIDIA一択でしたが、最近では、ATIも動画再生支援などの機能で、かなり良いと言う噂。さらには、DirectX10.1がVISTA SP1で正式サポートされることが決まっていますが、ATIのHD3Xシリーズはこれに完全対応するものの、nVIDIAは次期9Xシリーズでも完全対応しないかもしれない…なんてことになってます。

先日、秋葉原に行ったときに、いつもの巡回コースでRADEON HD 2600XTチップ搭載のMSI製ファンレスグラフィックボードが、処分価格の1万切りで販売されておりました。
思わず衝動買いしてしまったのですが、ファンレスということで、これをAthlonマシンに取り付け、今までの2400PROと交換してみました。

MSI製RX2600XTT2D512EZ。ファンレスボード。ツクモの店頭投売り価格\9,980也。
DDR3モデルながら、512MBと比較的メモリは多め。

装着状態…ヒートパイプと巨大なヒートシンク。ボードそのものは比較的短めでした。

上から見てみる。シンクの大きさにビビる。冷却性能はよさそうだけどね。ただ、マザーボードによっては周辺のコンデンサやチップセットクーラー、シンクなどに干渉するかもしれませんな。

真横から。ヒートシンクのデカさがお分かりいただけるだろうか…
確実に言えることは、PCI-Expressスロットの上1つ分のスロットが確実に使えなくなります。また、拡張ボードによっては更にその上1つも使えなくなりそう。

さて、この写真のアスロンマシンですが、現在は解体…オク行き決定です。

このグラフィックボードですが、現在鯖マシンに搭載されておりまして、元々のGeForce8600GTSと交換されています。(PowerPlay…2D描画時でのダウンクロック化…による消費電力低減を狙ってます)
せっかくだから、3D Mark06で比較してみました。(どちらも2.4GHzにOCしてます)

GeForce8600GTS

RADEON HD2600XT

ま、予想通りということで。

2008,2,11

FNV Diaryr top