格安鯖 HP ProLiant ML115 Part1(基本編)

一部ユーザーの間で話題のHP ProLiant ML115を購入してみました。
何で、そんなに話題なのか?と言うと、まずはその価格。本体\15,750という安さ。OSを含まないため、安いというのもありますが、本体構成を見て更に驚くのが、PCI-Express 16Xスロットをマザーボードが装備している、と言う点。クセはありますが、うまく使えば充分パソコンとして使えると言うところが大きいと思います。

スペックはこちら
そんなこんなで、\15,750などという、下手なマザーボードよりも安いという言い訳を自らに言いつけ、セブンドリームドットコムにて2月11日に購入、同12日に入金で、17日朝には到着。同じようなところで、NTT-Xストアでも売っているのですが、こちらは、売り出し開始〜翌日には完売という出せば出しただけ売れるという祭り状態です。セブンドリームのほうも多少マシなだけで、売り出し〜完売の繰り返し状態が続いています。

さて、到着した現物はと言うと、箱がデカイ!!

セブンスターのパッケージと比べてもそのデカさに驚きです。一応マイクロタワーケースなのですけどね。

同梱物1 キーボードとマウス。多分使う事は無いと思われます。
会社で使ってるHPデスクトップマシンと同じキーボードとマウスである。そんなに安っぽくは無いのが救いですな。

同梱物2 電源ケーブル。これはアース付きのモノ。壁のコンセントには刺さりそうに無い。
サポートCDと保証書、取り扱い説明書と、HPケアパックのチラシ。いずれも使う予定はなし。
それにしても、1年保証が付いて、一応コンピューターの体裁を保ちながら、\15,000は安いですよねぇ…

本体。梱包方法は比較的簡易なもの。HPのデスクトップと同じ梱包方法ですな。

本体を出してみた。セブンスターと比べても、いかに外装箱がデカイか…
見た目は普通のミニタワー型PCと言っても違和感ないでしょう。

正面と裏面。特に裏側はあっさりしてます。IOパネルが脱着式でないことに注意。マザーボードを交換しようとしても、かなり工作スキルが必要です。

内部。なお、ML115で使用されているネジ類は全てトルクスT-15ネジが使われており、専用ドライバが必須です。

標準装備のHDD。 SATA Seagate Barracuda ESの80GBが付いてました。

正面パネルを取り外した状態。メッシュ状のEMシールドプレートが付いてます。

HDDを増設する時に使用するネジ。ネジ山が一般的なネジではなく、トルクスネジになってます。簡単に取り外せないような配慮がされていますね。12個(3台分)付属。

同じく、5.25インチベイに取り付ける光学ドライブ用のトルクスネジ。4つ(1台分)付属。

EMシールドプレートを外したところ。ここから、増設用HDDが取り付けられます。前側からネジを取り付けて挿入するだけ。

ML115をいじくるのに必須なトルクスT-15ドライバ。近くのホームセンターで330円で購入。ML115購入の方は事前に用意しておいたほうが吉。

標準装備のCD-ROMドライブと、5.25インチ用オープンベイ。光学ドライブをもう1台増設可能。

今回はこのマシンに試験用にWin2000をインストールしてみました。(余っているOSがこれしかないんです。)

これをベースにいろいろと遊んでみようかなと思う今日この頃です。

2008,2,17

FNV Diaryr top