格安鯖HP ProLiant ML115 Part6(番外編 七号機購入)

七号機購入

相変わらず、ML115関連です。
本家HPサイトでは、激安ML115キャンペーンも終了し、現在は「メガProLiant キャンペーン」が、開催中です。しかし、\15000などと言う異常に安いキャンペーンは終息してしまいました。
ところが、われらのNTT-Xストア、なんと、更に\2,000引きの\13,750という過去最安値キャンペーンを相変わらず続けており、また、たまたま会社の知り合いからWindowsマシンに改造して欲しいという依頼があり、またまた購入してしまいました。通算7台目となるML115です。

いつものように、メモリ増設と、グラフィックボードの取り付けだけなので、東京へ行ったついでに秋葉原のツクモexにてメモリとグラフィックボードを購入してきました。
今回、購入したものは、
メモリ DDR2-SDRAM PC6400 1GBバルクメモリと、玄人志向ブランドのRADEON X1650PROチップ搭載の2世代前のグラフィックボード。それにOSの3点でした。

まず、開封後メモリを確認。すると、M&Sチップ搭載のものでした。
この時点でいや〜な予感が。


M&Sチップのメモリ。

ML115関係の情報を漁ってみると、どうにもこのメモリ相性が良くないらしい。
最近、メモリでの相性問題でトラブったことが皆無でしたので、深く考えずに純正メモリと交換、起動テストに突入したのですが、全くVGA表示がなされない…
久しぶりのいわゆる「相性」ですか?
そこで、手持ちの他のマシン(要は現行鯖マシンである、GIGABYTE製、GA965P-S3なんですが)にメモリ取り付けて、起動チェック。すると、何事もなかったかのように無事起動。
あうう…ということで、初期不良の可能性は一瞬でなくなりました。
さぁこまった、自分のマシンならいざ知らず、他人用マシンなので、何とかせねばなりません。仕方なしに予備用に買っておいた、PQIメモリ(M&Sメモリと同じ規格のPC6400メモリ、1GB、2枚組のセット品)を慌てて取り付け、今度は無事に起動いたしました。
しかし、慣れとは恐ろしいもので、Wikiにも散々書き込みがあった、M&Sメモリをよりによってツクモで買ってくるなんて…ツクモのバルクメモリはM&Sって分かっていたのに、この有様です。

気を取り直して、引き続き、グラフィックボードの取り付け。
今回購入のものは、同じくツクモで購入した、玄人志向製のRADEON X1650 チップ搭載の256MBのメモリを搭載した製品。何より最安だったし、納入先からは特に要望もなく、写ればイイということだったので買ってきました。ちなみにお値段は\2980也!2世代前の製品とは言え、そこそこ3Dと2D性能があり、ちょっと前までのミドルクラス製品ですから、今までのML115よりは遥かに高性能なモノではあります。
で、これも取り付けるべく開封。ところが、裏を見て卒倒しそうになりました。一応表側のクーラーの大きさとか、写真で見る限りでは、裏側に余分な出っ張りがないことを確認したつもりだったのですが…
クーラー取り付けビスの頭がなんと5ミリ近く飛び出ているではありませんか!
これまた、メモリに続いて自腹決定かと情けなくなりながらも、一応チャレンジだけはしてみようと、取り付けてみました。

それが下の写真。なんと、うまくクーラーの下の方の窪みにビス頭が収まることと、上側のビス頭がクーラーにまで達しないことが判明。!これはラッキーでした。

ぎりぎりセーフ。ほとんど奇跡に近いです。

グラフィックボードのビス頭に注目。高さ的には完全に干渉する高さです。

無事、グラフィックボードの増設とメモリの交換が完了し、七号機は無事出荷されていきました。

そうそう、ついでに書いておきますが、今回購入したものは最新BIOSになっていました。前回購入したもの(約1ヶ月前)では、2007.10.17バージョンでしたが、今回のものは2007.12.12バージョンになってました。うまくすれば、CPUも63W版じゃなくて新リビジョンの低電圧版に変わってるかも…


2008,6,8

FNV Diaryr top