'09式鯖改造

現在、私の手元にあるPCは…

メインマシン…Pheonm X4 9750
サブマシン…HP ML-115改(Athlon X2 5000+BE)
ノートPC…DELL INSPIRON  2500(Cerelon 800MHz 骨董品ですわ)
持ち歩き用PC…ASUS EeePC 1000H-X
サーバマシン…Atom 230

と、まぁ全部で5台です。このうち、サブマシンとノートPCはそれぞれ子供が勝手に使っていて、実質自分用マシンは3台となります。このうち、鯖機はテレビ録画及び、動画配信(ネットワークメディアプレイヤーを利用してでテレビで見たりする)用が主な用途なのですが、Mini-ITXフォームファクターであり、ケースもこれに則ったケースを使用しておりました。しかし、予想通り動画があっという間に一杯になってしまいまして、さぁどうするかということになってしまいました。HDDは手持ちの余りモノがあるので、記憶媒体はどうにでもなるのですが、このHDDをどうするか?という点が問題となるわけです。

しかし、このケース、当然mini-ITXなのですから、拡張性はほとんど無し!光学ドライブを外せば何とかなるかもしれませんが、内部の配線密度がかなり逼迫してる状況。
当然と言えば当然なのですが、せめてもう一台HDD増設できれば言うことありませんね。更に電源がなまじ250Wなどというものを積んでおり、しかもウルサイ!その上、マザーボード上のファン(チップセットクーラーなのですけど)が小さく高回転型なので、負荷がかかると、途端に最高速で回ったりしますから、結構ウルサイ!鯖機ですから、24時間連続稼動しており、この騒音も結構耳障りなんだよね。

方法として…
1 外付けのUSBケースなどを利用する
2 メインマシンにHDDを増設
3 いっそのこと、新たにNASなどを追加
等々が考えられますが、どれも中途半端だし、騒音問題が解決しません。

で至った結論は、ケースの取替え…って言う結論に達しました。

ここで、おさらい
PCの騒音源の多くは、ファンが回転することによって発生する、風切り音が主たるものです。また、HDDのシーク音も気になると言えば気になる音の一つです。音を静かにするには、ファンを止めてしまえば良いのですが、そうすると、今度はCPUやら、HDDやらが高温となって、正常動作できなくなります。負荷がかかれば、それなりに高温になるのは仕様ですから仕方ないですね。
ではどうするか?
1 ファンを大型化し、絶対的な風量を増やし、相対的に回転数を落とす。
つまり風量が増えれば、風速が少なくなっても同じ効果が得られるという方法。騒音源が風切り音なので、効果バツグンです。
2 ファンを減らす。
騒音源そのものを減らすことで、発生する音を減らすと言う方法。これも絶対的な騒音源がなくなるのだから、これまた効果は大きい。
3 ケースの容積を増やす
ケース内の容積を増やすことで、内部に滞留している空気の絶対量を大きくしておく。そうすることで、CPUなどの急激な温度変化にも内部の空気の温度の変化の影響を遅延させる。
等々があるのですが、今回はこれらを一気に可能にする方法を行いました。
すなわち、mini-ITXケースを止めて、ミドルタワーに変えてしまう!という至極簡単な方法です。ミドルタワーケースにすることで、HDDの増設問題も一気に解決。内蔵してしまえば良いだけの話ですから。

ミドルタワーケース、Antec製NSK4000にmini-ITXマザーボードを取り付けた!の図妙に無駄な空間が広がってます。

これだけ無駄な空間があるのだから、温度上昇の影響は考える必要が全くなさそうです。これに、一般的なATX電源、剛力400Wを取り付け運用開始です。

見た目はごく普通の自作PCですが、中身は本当にスカスカです。リア側の12センチファンも止まってます。これでだいたいCoreTemp読みでマイナス5℃くらいです。
確かに小さいマシンは魅力的ではありますが、室内空間に余裕があれば、こういう使い方のほうが何かとトラブルが起きにくいかも。

2009,1,18

FNV Diaryr top