AMD FUSION APU ベンチ

先日、我が家の'十一式鯖として組み立てたGIGA BYTEのGA-E350N-USB3なのですが、今のところ、本格的な鯖運用としての前段階として、メディアサーバー的な使用をしています。これが予想以上に使えるんですよね。地デジ視聴は勿論、地デジ録画マシンとしてもなかなかへたれませんし、ネットワーク越しでもHD動画を楽々再生してくれます。
CPU性能はAtom程度と言われていましたが、本当にそうなのか?
少なくともWin7で使うのには、こっちのほうがはるかに普段使いでも普通に使えます。システムにSSDを使ってるということもあるのでしょうが、それにしても極めて快適です。
普段使っているPCとどれだけ違うのかを見る指針としては、やっぱりベンチしかないのでしょうけど比べてみました。

比較対象としたのは、今回購入したE350の他に、
Phenom2 X4 910e
Phenom2 X6 1055T
それと、何かと比較されるINTELのAtom、N280の3種を含め合計4つのCPUです。

今回、行ったベンチは3D系はグラフィックボードに左右されすぎるので、CPU性能を比較するのに手頃なベンチということで、定番中の定番Super_piと、コア数によってもだいぶ変わりますが、普段の使用感としてコア数なりに性能差が体感できるベンチとして、Cinebench11.5の2つ、それと参考までに3DMark06をやってみました。

それぞれの環境が異なりますが、それはご勘弁を
ちなみに、E35はメモリPC3-10600 4GB。910eがPC2-6400 8GB、1055TがPC3-10600 8GB、Atom N280はPC2-5300 SO-DIMM 2GBとそれぞれメモリの搭載量が異なります。
OSはATOM N280はWin7 Starter 32bit。その他はWin7 64bit版です。

(910e…M/B ASUS M4A78EM。
グラフィックボード、
SAPPHIRE製 RADEON HD 5770)
(1055T…M/B MSI 890GXM-G65。
グラフィックボード、PowerColler製 RADEON HD 6870)
(N280 LENOVO Idea-pad S2。グラフィックは内蔵945GMチップセット)


1 Super_pi

E350

104万桁49秒


Phenom2X4 910e

104万桁26秒


Phenom2X6 1055T

104万桁21秒


Atom N280

1分33秒!これは遅すぎ。E350の2倍近くかかってます


続いて、CineBench11.5

E350

CPUスコア0.6pts


910e

CPUスコア2.85pts


1055T

CPUスコア4.92pts


N280

CPUスコア0.25pts!これまたE350の半分以下の性能


CineBenchの結果を見ると、E350の数値が非常に低く感じますが、クロック、コア数を考えると妥当な数値と思います。

E350のコアあたり1GHzスコアは0.6÷2÷1.6=0.1875
910eのコアあたり1GHzスコアは2.85÷4÷2.6=0.274
1055Tのコアあたり1GHzスコアは4.92÷6÷2.8=0.292

ということは、E350のコアは、だいたいPhenom2コアの68%程度の性能ということになりますね。
ワットパフォーマンスで見ると、ZacateコアはTDP18Wなので、910eの65Wと比べると、大変優秀なコアとも言えると思います。

それにしても、Atomの性能低すぎです。
Ideapad S2などという、ネットブックでの計測ですが、E350のライバルとは言い難い数値でした。

ちなみに、CineBenchでの比較を上の表に則って計算すると、

N280のコアあたり1GHzスコアは0.25÷2÷1.66=0.075とE350コアの半分以下のスコアにしかなりません。そりゃぁモッサリなはずです。


おまけ

E350+内蔵グラフィック


910e+RADEON HD 5770

11,05,05

FNV Diaryr top