FNV日記 番外編 ジサクピーシーのつくりかた Geode NX編(Part3)

6 パーツ類をケースに取り付けよう

マザーボードを取り付けたマザーボードベースを元通りにケースに取り付けます。
続いて、マザーボード上の指定されたピンヘッダーにケースのケーブルを取り付けます。

取り付けた状態。極性(プラスとマイナス)を間違えないように。

引き続き、拡張スロットにボードを取り付けますが、今回は特に拡張スロットには何も刺していません。ま、必要に応じて、TVキャプチャーカードやサウンドボードなどを取り付けてもいいかもしれません。マイクロATXの場合は拡張スロットが3本程度なので、取り付ける拡張カードはよく吟味する必要があります。

続いてドライブ類を取り付けます。今回は日立LGのGSA4167B、スーパーマルチドライブを取り付けてみました。

ハードディスクの装着状態。電源ケーブルとフラットケーブル。ジャンパの設定も忘れずに。今回はHGSTのHDDですが、一部のHDD(WesternDigital…WD製)では1台しかHDDを取り付けない場合ジャンパーをSingleにしておく必要があるので、WD製HDDは要注意です。

マザー側にもフラットケーブルを差し込みます。青いほうがUltraATA133用(UltraATA133はUltraATA100の上位規格なので、問題なくUltraATA100でも使えます)…一般的にはハードディスクを取り付けるコネクタです。白いほうがUltraATA66用。一般的には光学系ドライブを取り付けるコネクタです。逆に挿しても動くことは動きますが、動作は緩慢になってしまいますので、注意が必要です。

今回もFDDは取り付けません。あとはサイドカバーを取り付けたらハードウェア的には完成となります。
その後、いつものように、起動テスト−OSインストールの順番でPCとして利用しましょう。

さて、ここまで読んできた皆さん。これであなたも立派なジサカーですね。

FNV Diaryr top