SEROW250

DJEBELには大きな不満はありませんでした。
しかし、125cc故のパワー不足は否めません。
特に交通量の多いバイパスなどは、
70Km/hくらいで車が流れていることも…
DJEBEL125では結構怖い思いもしました。
追突されそうになったことも1度や2度ならず。

また、林道では軽さは武器になりますが、
絶対的なパワー不足は如何ともし難い…
絶対的なパワー不足というより、トルクの細さ。
どうしてもエンジン回し気味になってしまう

そんなわけで、SEROW250と入れ替えました。

SEROW250

 

走行約4000kmの中古車。
でもトラタイヤであるIRCの
TR-011 TOURISTを履いていました。
125と違い、トルクはきっちりとあるし、
SEROW本来の二輪二足のコンセプト通り、
極めて低いシート高。
極低回転から粘るエンジン。
ミッションは5速でありながら、
100kmくらいまではストレス無く加速します。

 

SEROW250

Customize

SEROW購入から約1ヶ月。
順調に盆栽化してきました。

SP忠男 POWERBOX PIPE ネットでの評判とSP忠男さんのところのブログの開発日記を読んで購入。純正のエキパイが汚いってことも大きな購入動機です。
いわゆる膨張室。リンリン音がするってことですが、良く聞かないとわからないレベルです。確かにリンリンって鳴ってます。パワーアップになったかというと微妙ですが、明らかに5速40km~70kmくらいでの振動がかなり低減されました。忠さんの狙い通り、また、ブログでの開発日記の通りで、すごく乗りやすくなりました。
ZETAのアーマーガード。ジェベルからそのまま移植。ジェベルの時にはコケた時にレバーを3回ほど折りましたが、コレを装着しとけば簡単には折れないでしょう。コケた時の安心感は別格です。
RENTHALアルミハンドル。ジェベルからの移植。
ジェベルの純正ハンドルは若干低かったのでスタンディングだと乘り辛い感がありました。しかし、セローはジェベルよりも低かったため、ハンドルもジェベルから移植しました。おそらく、純正比30ミリ~40ミリくらいアップになっています。ちなみに、ミラーも可倒式に変更
アイリスオーヤマ RVBOX密閉460 言わずと知れたホムセン箱の定番。何故かジェベルとかセローに似合ってしまいます。しかし、現在のハコは実は2代目。やや大きめなモノを入れて無理やり蓋をしていたため、蓋を固定するバックルのツメが折れてしまいました。
100均のセリアで買ってきた乗用車用のメッシュシートクッション。実はコレが一番のお気にい入り。蒸れない、痛くならない。しかもバカ安。クッションの固定はシート下からタイラップで止めてるだけ。見た目は?ですが実用性はイチバンです。

SEROW250

Customize2

前回のカスタマイズから更に進化(笑)

今回は主に電装系のカスタマイズ

アマゾンでよく見るLEDライト(ただし作業灯)
Y'sギアの純正PIAA製フォグライトはえらく高いんです。その代わりにAmazonでよく見かける激安中華製ライトを取り付け。センターライン側に挟角タイプ、歩道側に広角タイプを取り付けました。激安の割にものすごく明るく純正ヘッドライト3個分くらいの効果があります。ただ、できるだけ遠方を照らすように取り付けると対向車からパッシングの嵐が来そうです。そのためセンターライン側の挟角タイプはヘッドライトの照射範囲とほぼ重なるように。また歩道側の広角タイプはできるだけ手前と左側を照射するように光軸を設定しています。それでも元々のヘッドライトのみよりも数倍明るくなりました。
LEDライト用ステーはいろいろと試しましたが、汎用ステーだとどうしてもどこかが干渉してしまうため、複数のアングルを組み合わせて取り付けていましたが、どうしても妥協しないといけなかったんですが、ヤフオクでセロー用として売っていたL形アングルを試したところ、ぴったしと収まりました。アマゾンの激安LEDライト用として出品されていたのですが、他のライトにも転用可能っぽいです。
スマホホルダー取り付け用バー。ミラー取り付け部分に共締めで取り付けるものですが、オフセットされているためミラーと干渉しません。バー自体の長さも長すぎず短すぎず。
USB機器給電用シガソケ
iPhoneをナビ代わりにするには、走行中の給電が必須です。なので、シガソケアダプタを取り付けました。一応セロー乗りのお約束どおり電源はホーンから分岐させてます。